HOKUTOの社員を紹介していく『人を知る』のコーナー。

工務部課長の江藤さんです。

工務部課長 江藤

 

工務部
出身地:臼杵市
1980年生まれ
趣味:釣り
2級建築施工管理技士、インテリアコーディネーター
整理収納アドバイザー2級、住宅維持管理士

インテリアデザインという仕事に魅せられて、建具製作、店舗の設計・施工などを経て入社。
質実剛健、真面目できめ細かな施工管理をします。仕事では硬派で寡黙なカタブツですが、実は隠れエンターテイナー。
社員旅行や飲み会ではHOKUTOのスター、オフでは釣り一筋です。


なぜ、HOKUTOでの仕事を選んだのですか?

郵便局(特定局)に勤めていました。東京都内のオフィス街にある忙しい局で、窓口の販促ディスプレイやいつも混雑しているATMなどを、いかにお客様にとって使いやすくするかなど、店内の構想を常に考えて工夫しながら業務に従事していました。そのうちにインテリアデザイナーという職種があることを知り、とても興味を持ち、自分がしたかった仕事はこれではないかと思い勉強を始めました。
それまでの仕事にもやり甲斐を感じていましたが、一度きりの人生ですので、自分が本当にやりたいことをやれるだけやってみようと思い、インテリアデザインの専門学校に通い、転職を決意しました。
何歳になっても、新しいことに挑戦するのは楽しいですし、自分を色々な意味であらゆる角度から成長させてくれます。そのことに気づけただけでも、他業種への転職は自分の人生にとってとても大きな意味がありました。

 

HOKUTOではどのような仕事に携わっていますか?

現在、工務部の課長として、現場監理や見積もり積算・設計を始め、住宅や店舗のインテリアの選択、リフォームやリノベーションなど幅広い業務を担っています。
前職での経験も決して無駄ではなく、色々な経験があって、今の自分に繋がっているのだと思います。建築業界の経験がほぼゼロでHOKUTOに入社しましたが、先輩や上司や同僚はもちろん、仕事で関わる他の業者の方やお客様など、沢山の人から教わり学んできました。
逆に、自分の存在や仕事への姿勢が誰か他の人間を育てることにも繋がるのではと思うこともあり、常に自分の仕事を客観視する事を大切にしています。

 

 

リフォームの採用情報はこちらから!

【採用情報】大分ショールームの求人《リフォーム》

【採用情報】大在ショールームの求人《リフォーム》

【採用情報】戸次ショールームの求人《リフォーム》